« 山形豪雨、最上川氾濫 | トップページ | 忘れたころに? »

寄居中間平、釜伏山(釜山神社奥の院)

週末は日ざしが出る天気予報なので、近場の山探し。

秩父鉄道フリーハイキングを見つけました。

 

秩父鉄道 波久礼駅から「寄居中間平」コースが

ちょうど開催中。

釜伏山の中腹地域の風布(ふうぷ)

2016年12月に7時間縦走で通ったことがあります。

通り過ぎてしまった感があるので、

じっくりと歩いてみましょうか。

 

秩父鉄道 波久礼駅で受付。

パンフと缶バッチいただきました。

Dsc_0538

風布館までは風布川沿いをロードです。

8:30スタート

本来は、

川を渡渉しながら歩く「風のみち」がありますが、

昨年秋の台風で崩壊が相次ぎ、現在整備工事中。

秋の紅葉シーズンごろに再開見込みらしいです。

 

山道へ入る手前の

姥宮(トメミヤ)神社参拝。9:10

Dsc_0542

狛犬ならぬ 狛蛙

Dsc_0543

風布館脇から山道

Dsc_0545

昨夜も強い雨が降ったので、水が流れる道ですね。

Dsc_0546

つづら折りを上がって

中間平(ちゅうげんだいら)到着 9:35

広い緑地帯で東屋がいくつかあります。

Dsc_0550

見晴台もあります。

コンビニで調達した赤飯おにぎりで休憩。

Dsc_0555

寄居町方面

Dsc_0557

フリーハイキングのコースはここから戻り。

 

なので、釜伏峠まで足を延ばします。10:10

Dsc_0558

結構な斜度の林道を上っていきます。

ヤマアジサイ

Dsc_0559

釜伏峠 10:50

釜山神社参道の入り口

Dsc_0564

狛犬はオオカミ。

Dsc_0567

Dsc_0569

参拝し、本堂脇から奥の院へ向かいます。

再び山道。

ヤマユリ

Dsc_0570 

小さな鞍部を過ぎると、奥の院への鳥居。

Dsc_0572

木段の先はちょぴっと蛇紋岩の岩場。

苔むして濡れているので慎重に。

Dsc_0574

釜伏山山頂 582m(釜山神社奥の院)11:15

Dsc_0575

少し進んだところで見晴らしの良い場所。

Dsc_0577

前回は

冬場だったのでここから先の

蛇紋岩の急な岩場を下りていきましたが、

今は藪の時期、多雨で滑りやすいでしょうから、

戻って塞神峠へ向かいます。

Dsc_0580

程なく林道に出てロード。

日本水(やまとみず)源泉から引いた水汲み場。12:05

汗だくの顔を洗い、口に含んだ水は

甘くておいしい。

Dsc_0583

空になったペットボトルにも詰めて

風布へ下っていきますが、

かなり傾斜のあるロード道です。

脛が痛くなりそう(笑)

 

風布館に戻り昼食。12:30

手打ちうどんをゴマダレで。

 

朝来た道を戻ります。

そのまま

「かんぽの宿 寄居」の日帰り温泉へ。13:45

踏切からの坂道は登り返しのようにえぐい(笑)

 

コロナ対策で、日帰りの受付は14時まで。

貸し切り状態でした。

ラッキー♪

顔も頭もめちゃくちゃしょっぱい。

夏の里山歩き、大汗かきました。

15:15発の無料送迎バスで寄居駅まで。

お疲れさまでした。

 

|

« 山形豪雨、最上川氾濫 | トップページ | 忘れたころに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形豪雨、最上川氾濫 | トップページ | 忘れたころに? »