破風山(はっぷざん)

猛暑日ですが山歩き。

凍らせた500mlのペットボドル3本背負って。

Dsc_0704

秩父鉄道 寄居駅から町営バス日野沢行 

風戸(ふっと)入口下車 

日野橋登山口 9:10スタート

4年ぶりの破風山へ。

風もなく暑さがジリジリ。。。

林道部分も一部にある道を上って

宝登山方面。

Dsc_0712

虫よけをたっぷりとかけて

カウンターを一つ押して本格的に山の中へ。9:45

Dsc_0714

10分ほどで皆野アルプス道との合流

Dsc_0715

歩きやすい道ですが、

スズメバチの偵察飛行が多い。

ブーン、ブーンと廻られるので、

追い立てられる感じ(^^;

Dsc_0717

猿岩 10:15

Dsc_0719

写真撮っていたら、左足ふくらはぎ下部に

ちくっと痛い感。あれ?と見たら

パンツにスズメバチらしきものがトマッテル(◎_◎;)

 

払わずに小走りで道を登ったら

飛び立ったけど、軽く喰いつかれた?

「敵だぞの匂い」をつけられた可能性があるので、

ペットボトルの水で

とまってた辺りを流して

スピード上げて進みます。

モミジ平の東屋辺りでは

ブーンの羽音が聞こえなくなったので

足を確認。

パンツの下に3Cサポーターも履いているので、

傷も腫れもなくホッとする。

今年はハチ多いんとちゃう?

 

アセビの多いヤセ尾根を登って

Dsc_0721

破風山 山頂 626.5m 10:30

Dsc_0722

秩父盆地を一望。

Dsc_0733

両神山方面

Dsc_0727

武甲山方面

Dsc_0728

丸山、美の山方面

Dsc_0729

山頂祠の脇の僅かな木陰でおにぎり休憩。

日差しが強く、日影からはみ出した足が

フライパンの上にいるみたい。

おにぎり食べているとき、3人登ってきましたが、

写真だけ撮って通り過ぎて行かれました。

11:10 下山開始

モミジ平の東屋まで戻り、

桜ヶ谷(さくらがや)コースへ。

スズメバチの羽音は無し。良かった(^^;

Dsc_0736

野巻椋神社 12:00

Dsc_0738

ここから県道37号(皆野両神荒川線)を

ロードして梵の湯まで約1時間

気温37度、水も飲み切り

日影も風もないので一番きつかった。

 

梵の湯では水シャワーで身体を冷まし

ビールに冷奴で中からも冷まし(笑)

せっかく涼んでも

皆野駅まで30分歩いてまた汗だくでした。

 

(帰り、新皆野橋から荒川、梵の湯、破風山を臨む)

Dsc_0742

 

 

 

 

| | コメント (0)

荒神山(桐生市黒保根)

猛暑続きで低山歩きばかりしていますが、

荒神山は2回目です。

前回は2年前の6月

梅雨模様で景色が悪かったので、リベンジ。

わたらせ渓谷鉄道 水沼駅下車

Dsc_0659

Dsc_0657

10:19スタート

渡良瀬川の対岸に荒神山

Dsc_0664

林道から遊歩道へ進みます。10:35

Dsc_0666

足元にヒキガエルがにゅっと出てきて、

びっくり!踏まなくてよかった(笑)

Dsc_0667

遊歩道に進んですぐ、

東京電力の指示標識が直進の道と

右に折れた道の階段方向にそれぞれ2本。

里山で東京電力の指示標識は

登山道ではないのが常ですので、

標識のない方向の踏み跡へ。

ところがどんどん踏み跡が薄くなり、

前はこんなに道が細くなかったぞ?と気づき、

戻りました。

緑で囲んだ部分です(^^;

Miss

同じ間違いをする人が多いので

踏み跡がしっかりしてたのかな?

ヒキガエルに騙されたか?(^^;;;

遊歩道入口からリスタート 

30分近くロスした感じ。

正しいルートは広い。

Dsc_0672

山頂神社廻りで広場到着

祠にお詣り。

Dsc_0677

山頂はもうちょっと上。

Dsc_0678

荒神山山頂(展望なし)624m 12:00

Dsc_0679

広場に戻って、展望台へ向かいます。

ここから簡易舗装の道。

群馬テレビ鉄塔となりの展望台

鉄塔に鷹が留まってました。 12:10

Dsc_0681

Dsc_0688

霞んでいますが赤城山方面

Dsc_0684

袈裟丸山方面

Dsc_0685

展望台でおにぎりランチ。

山で全く人に会っていないな。

心地よい風に吹かれてのんびりとしてから

林道で下山開始 12:30

 

水沼駅温泉センター着 13:25

Dsc_0696

お風呂で汗を流して、ぷふぁ~

Dsc_0699

 

帰路、

高崎線の人身事故で岡部駅車内抑止1時間。

その間に激しい雷雨が通り過ぎて、

雨にも当たらず帰宅。

運が良かったのか?悪かったのか?

ヒキガエルに騙され続けた感(笑)

 

| | コメント (0)

鷹返山(村山虚空蔵菩薩)

実家での恒例山歩きです。

昨年の10月以来。

Dsc_0615

鳥居から536段の階段

休まず9分で本堂。暑さが堪える、、

Dsc_0616

さらに200段程登って、

鐘楼でコロナ退散の鐘を一つ打ち、

山道を奥の院へ。

急なのよね、この道は。

さすがに気温35度の昼下がり、

息が苦しい感じ(^^;

Dsc_0624

Dsc_0628

本堂まで戻って

東沢バラ公園へ廻ります。

Dsc_0633

子供のころから好きなこの景色。

2016年に火野正平さんが自転車で

訪れ(日本縦断こころ旅)

お手紙を読んだ場所でもあります。

 

暑さきついので、今日はここまで。

 

| | コメント (0)

寄居中間平、釜伏山(釜山神社奥の院)

週末は日ざしが出る天気予報なので、近場の山探し。

秩父鉄道フリーハイキングを見つけました。

 

秩父鉄道 波久礼駅から「寄居中間平」コースが

ちょうど開催中。

釜伏山の中腹地域の風布(ふうぷ)

2016年12月に7時間縦走で通ったことがあります。

通り過ぎてしまった感があるので、

じっくりと歩いてみましょうか。

 

秩父鉄道 波久礼駅で受付。

パンフと缶バッチいただきました。

Dsc_0538

風布館までは風布川沿いをロードです。

8:30スタート

本来は、

川を渡渉しながら歩く「風のみち」がありますが、

昨年秋の台風で崩壊が相次ぎ、現在整備工事中。

秋の紅葉シーズンごろに再開見込みらしいです。

 

山道へ入る手前の

姥宮(トメミヤ)神社参拝。9:10

Dsc_0542

狛犬ならぬ 狛蛙

Dsc_0543

風布館脇から山道

Dsc_0545

昨夜も強い雨が降ったので、水が流れる道ですね。

Dsc_0546

つづら折りを上がって

中間平(ちゅうげんだいら)到着 9:35

広い緑地帯で東屋がいくつかあります。

Dsc_0550

見晴台もあります。

コンビニで調達した赤飯おにぎりで休憩。

Dsc_0555

寄居町方面

Dsc_0557

フリーハイキングのコースはここから戻り。

 

なので、釜伏峠まで足を延ばします。10:10

Dsc_0558

結構な斜度の林道を上っていきます。

ヤマアジサイ

Dsc_0559

釜伏峠 10:50

釜山神社参道の入り口

Dsc_0564

狛犬はオオカミ。

Dsc_0567

Dsc_0569

参拝し、本堂脇から奥の院へ向かいます。

再び山道。

ヤマユリ

Dsc_0570 

小さな鞍部を過ぎると、奥の院への鳥居。

Dsc_0572

木段の先はちょぴっと蛇紋岩の岩場。

苔むして濡れているので慎重に。

Dsc_0574

釜伏山山頂 582m(釜山神社奥の院)11:15

Dsc_0575

少し進んだところで見晴らしの良い場所。

Dsc_0577

前回は

冬場だったのでここから先の

蛇紋岩の急な岩場を下りていきましたが、

今は藪の時期、多雨で滑りやすいでしょうから、

戻って塞神峠へ向かいます。

Dsc_0580

程なく林道に出てロード。

日本水(やまとみず)源泉から引いた水汲み場。12:05

汗だくの顔を洗い、口に含んだ水は

甘くておいしい。

Dsc_0583

空になったペットボトルにも詰めて

風布へ下っていきますが、

かなり傾斜のあるロード道です。

脛が痛くなりそう(笑)

 

風布館に戻り昼食。12:30

手打ちうどんをゴマダレで。

 

朝来た道を戻ります。

そのまま

「かんぽの宿 寄居」の日帰り温泉へ。13:45

踏切からの坂道は登り返しのようにえぐい(笑)

 

コロナ対策で、日帰りの受付は14時まで。

貸し切り状態でした。

ラッキー♪

顔も頭もめちゃくちゃしょっぱい。

夏の里山歩き、大汗かきました。

15:15発の無料送迎バスで寄居駅まで。

お疲れさまでした。

 

| | コメント (0)

仙元山、青山城址、大日山、物見山、昭和レトロな玉川温泉

梅雨の僅かな晴予報。

小川町駅から里山巡り。9:20スタート

のどかな感じ?

Dsc_0454

仙元山には多くのルートがありますが、

この標識に沿って進みます。

Dsc_0452

登山口9:55

Dsc_0456

分岐 10:15

Dsc_0460

仙元山山頂へ向かいます。

仙元山 山頂 10:25 298.9m

Dsc_0462

Dsc_0463

その先の展望台は木に埋もれて景色なしなので

5分ほど足を延ばして、景色が見えるところへ。

物見山方面と思われます。

今日はあそこまで山の中を廻って

向こう側に下りる予定。

Dsc_0464

展望台まで戻って、腹ごしらえ。

コンビニの赤飯おにぎりが最近のマイブーム

Dsc_0467

10:50 リスタート

分岐へ戻り、青山城址へ

Dsc_0470

青山城址11:05

Dsc_0473

大日山 11:25 252.6m

Dsc_0475

笠山かしら?

Dsc_0476

途中、

すれ違った地元ハイカーのおじさん情報ですと

この時期、

ヤマユリ、オニユリ、ヤマアジサイが

咲くらしいのですが、

今年はほとんど咲いていないとのこと。

長雨と日照不足のせいでしょうかね。

物見山 11:45 286m

Dsc_0481

この先300mほど進んで石碑のある小さなピーク

Dsc_0483

仙元大日神

神様?仏様?

判らないので両方の作法でお参り(^^;

Dsc_0482

小倉城址方面に向かわず、

右手に下ります。12:00

看板は無いですが、木にテープ

Dsc_0484

足元は旧玉川村の赤い杭

Dsc_0485

これに沿って60m程下ります。

4年ぶりに看板発見(笑)

Dsc_0486

あの時は冬で埋もれんばかりの落ち葉で

気持ちよかったけれど、この季節は(笑)

Dsc_0488

ワタシの手のひらよりでかいキノコ 

怪しすぎる。。

Dsc_0493

玉川温泉入口に下山 12:25

下山後の温泉も再開します!

Dsc_0495

汗を流して、サイダーのんでひと休み。

十王堂前バス停まで10分歩いて

ときがわコミュニティバスで武蔵嵐山駅。

Suica、PASUMOが使えるようになってました。

武蔵嵐山駅から東武東上線東松山下車。

駅前のひびき本店、豚串をみそだれで!

Dsc_0499

お風呂後のぷふぁ~も再開です(笑)

 

東松山からバスで鴻巣へ、

鴻巣から高崎線で上尾に帰着しました。

 

山、風呂、吞み この3点セットがだいご味。

リフレッシュできました!

 

| | コメント (0)

続・高崎自然歩道(少林山達磨寺、白衣大観音)

梅雨の僅かな晴予報、

先週に続いて、高崎市街近くの里山を歩きます。

9:35発のぐるりんバス少林寺線で高崎駅から

群馬八幡駅近く豊岡町へ。

だるま工房がたくさんあります。

アマビエだるまを購入し宅急便で自宅送付。

Dsc_0395

碓氷川を渡り少林山達磨寺を参詣 10:50

Dsc_0407

達磨寺の裏手、東屋からの景色心地よいですね。

Dsc_0412

東屋脇の森から山道へ。11:20

Dsc_0415

山道と林道、農道が交互にあるコース

Dsc_0418

山道はかなり荒れ気味な場所が多いです。

Dsc_0424

梅雨の時期で雨が多いため

ぬかるみ多く、虫も多い。

風が抜けず湿度も高く、

景色も見えない。

修行ですねぇ。。。(-_-;)

6月にキノコ。。絶対毒キノコ。

Dsc_0422

林道のらにゃん。

Dsc_0430

洞窟の大黒天 12:15

Dsc_0427

慈眼院白衣大観音 到着 13:30

Dsc_0436

胎内巡り

肩のあたりが最上階

Dsc_0442

14:00発の観音寺線ぐるりんバスで

高崎駅へ戻りました。

ウエア越しに4か所も虫に刺されました。

かゆい。。

参った。。。

 

 

| | コメント (0)

高崎自然歩道にて山名丘陵巡り(山名城址、寝小屋城址)

他県への移動自粛が6月18日解除されました。

他県へ移動しての山歩き、再開します。

 

自粛で「山身体」ができていないので、

サクッと高崎市の丘陵地帯巡り。

Dsc_0350

上信電鉄 山名駅スタート 9:30

Dsc_0348

まずは山名八幡宮参拝

ありがたく茅の輪くぐり。

Dsc_0352

 

古墳までは、

ほぼ舗装道路を進みます。10:10

Dsc_0355

ここから山道

山名城址へ。

Dsc_0358

Dsc_0359

景色は森の中(笑) 10:20

Dsc_0360

分岐に戻って寝小屋城址へ

昨日一日雨でしたので、

湿気がすごい森の道を進みます。

分岐

Dsc_0362

右回りで一周

Dsc_0364

唯一の景色(笑)

高崎の街並み

左に水沢山

Dsc_0367

正面は赤城山

Dsc_0368

本丸跡は1か所からしか上れないので

もう半周(笑) 

Dsc_0370

景色は木に囲まれ見えません。

ベンチでおにぎり休憩。10:50

 

分岐に戻りさらに進みます。

丘陵地帯らしい景色

Dsc_0375

七曲り付近、この橋大丈夫?

Dsc_0381

地図だと橋渡って左手に昔は道があった模様。

しかし藪に覆われ踏み跡も見えない。

右手から車道に出てそちらを進みます。

城山町付近。

途中から山道への看板。11:50

しばらく山道を歩き

県道71号にでました。 12:15

観音寺ファミリパーク入口の交差点あたり。

ここからは県道進んで

高崎駅西口までロード 5㎞

城南大橋からの烏川と榛名山。

Dsc_0391

お疲れさまでした。

 

 

 

| | コメント (0)

大高取山(越生の梅の実買いに)

ここ数年、埼玉の梅の産地 越生(おごせ)の

収穫したての青梅を購入して梅酒作っています。

Dsc_0319

さて、今年も梅の実買いに

わざわざ駅前から山越えて(笑)

大高取山はコースがたくさんあるので、

今回は越生神社(奥宮)経由で。

 

越生駅 8:40スタート

モンベルのマスクしてますよ。

 

越生神社 8:50

Dsc_0294

神社裏側から山道に入り

人もいないのであごマスク。

越生神社奥宮 9:05

Dsc_0298

Dsc_0299

白石様 9:25

石灰岩の露頭 昔は海の底だったわけで。

Dsc_0307

大高取山 山頂 9:50 376.4m

Dsc_0310

4組ほど山頂で休憩中。

地味だけどハイカーの多い山です。

ワタシも

2016年6月、2017年3月以来3回目。

あの頃より、サクサク楽に

登れるようになったな(笑)

コンビニで買った赤飯のおにぎりで休憩。

越生梅林方面へ下山開始。10:00

分岐 10:20

Dsc_0316

うめその梅の駅(旧自然休養村センター)

到着 10:30

 

梅の実いっぱい。車で来るお客さんもいっぱい。

Dsc_0321

密にならないようにしているので、

レジがちょっと時間かかります(笑)

ザックに梅2kgと梅干、越生産柚子胡椒等を詰めて

1時間に1本の路線バスで越生駅へ戻りました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

長瀞アルプス神まわりコースから宝登山(県内の山歩き再開)

埼玉県の緊急事態宣言解除を受け、

県内の低山歩きから再開。

(体も鈍っているので(^^;)

いつものようにソロですので

3密も避けられますし、

モンベルのマスクを着用します。

 

 

Dsc_0220

秩父鉄道 野上駅 8:10スタート

長瀞アルプスの神まわりコースで宝登山へ。

万福寺コースは4年前に歩きました)

数多くの社や石碑を

健康祈願をしながら登ります。

武野上神社で山に入る安全祈願

Dsc_0225

神まわりコース入口の白い鳥居。

名前が入っていない不思議な鳥居。8:25

Dsc_0226

石碑や小さな社がいくつもあります。

Dsc_0231

Dsc_0232

白峯神社 8:50

Dsc_0234

御嶽神社(御岳山)

Dsc_0236

Dsc_0238

見上げれば緑がきれい。

Dsc_0239

天狗山のピークを過ぎ、万福寺コースと合流

奈良沢峠から林道を上っていき

宝登山へのとりつき口。

毒キノコ看板。9:40

Dsc_0244

ここから山頂まで

少々急な坂道と階段

Dsc_0247

宝登山山頂 10:00 497.1m

Dsc_0253

4年前は曇っていて何も見えなかったな。

正面に秩父市街と武甲山

Dsc_0254

右手には破風山方面から両神山

Dsc_0252

左手は美の山(蓑山)から堂平、笠山、東秩父の山々

Dsc_0261

笠山はおっぱい山ともいわれるのが納得(笑)

眼下は長瀞

Dsc_0262

朝が早かったので、

コンビニで買ったおにぎりで一息入れます。

 

山頂並びの

宝登山神社奥宮 参拝 10:20

Dsc_0257

宝登山ハイキングコースを下る

宝登山神社 参詣 11:00

Dsc_0268

 

観光客が多く来ていますが

みんなマスクして、

ソーシャルディスタンス

 

秩父鉄道 長瀞駅着

Dsc_0272  

今回は温泉は入らず帰ります。

が、

ちょうど三峯口方面の電車が来たので

それに乗って、2つ先の親鼻駅下車。

道の駅みなの に立ち寄って

野菜と秩父産はちみつを購入してから

帰りました。

 

| | コメント (0)

モンベルのマスク

モンベルのウイックロンポケマスク、購入抽選で当たって

届きました。

Dsc_0197

1枚1320円(税込)を2枚

Dsc_0195

50%はアウトドア義援隊への寄付となるのも

もちろん賛同して購入です。

 

緊急事態宣言解除後の山歩き用。

これから暑くなるし、速乾性と通気性は大事。

中に仕込む不織布は

お茶パックがサイズぴったしかな(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧